A006

よくあるご質問・お問合わせ


補償内容 人身傷害保険

ご自身やご家族が乗車中や歩行中に自動車事故で死傷した場合、過失割合に関係なく、保険金額の範囲内で総損害額をお支払いします。

こんな場合に補償されます

契約車両での事故は、搭乗者全員を補償

ケース1
契約車両を運転中に衝突。運転手に後遺障害。

保険金額を7,000万円に設定
過失割合・・・ご自身40%:相手方60%
総損害額(※1)・・・6,000万円

支払い例

支払い例

歩行中などに起こった、自動車事故も補償

ケース2
家族(※2)が歩行中、自動車にはねられケガをしてしまった。

総損害額(※1)・・・200万円

歩行中や自転車乗車中の自動車事故でも、同じように補償が適用されます。(※3)

補償額の目安

保険金額は、3,000万円〜1億円(1,000万円刻み)または無制限で付帯できます。
死亡時、または後遺障害を負ってしまった場合、総損害額(※1)は1億円近くなる場合がございます。
チューリッヒでは、保険金額1億円をお選びいただくことをおすすめします。

年代別の死亡・後遺障害における総損害額(※1)の例

年代別の死亡・後遺障害における総損害額の例

  • ※重度の後遺障害が生じ、かつ、介護が必要と認められる場合で保険金額が無制限以外のときは、保険金額の2倍の金額を限度として保険金をお支払します。

人身傷害搭乗中のみ補償特約<人身傷害に関する被保険自動車搭乗中のみ補償特約>

人身傷害保険の補償を、ご契約のお車の搭乗中に限定する特約です。
この特約はお客様のニーズに合わせて任意でお選びいただけます。

補償されない主な範囲

  1. 1.地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
  2. 2.被保険者が正当な権利を有する者の承諾を得ないで自動車に搭乗中に生じた損害
  3. 3.免許停止中などの、無資格運転または酒気帯び運転、またはこれに相当する状態、もしくは麻薬等により正常な運転ができないおそれのある状態で運転している場合に生じた損害
  4. 4.被保険者が、被保険自動車以外の自動車であって記名被保険者またはその家族が所有する(主として使用する場合を含む)自動車に搭乗中に生じた損害
  5. 5.被保険者が、自家用5車種((1)自家用普通乗用車(2)自家用小型乗用車(3)自家用軽四輪乗用車(4)自家用小型貨物車(5)自家用軽四輪貨物車)以外の自動車に搭乗中に生じた損害
  6. 6.被保険者の故意または重大な過失に起因する損害
  • ※1.総損害額は、約款に定める損害額算定基準に従い、弊社が認定させていただきます。なお、総損害額は示談・調停・訴訟による認定額とは異なる場合があります。
  • ※2.記名被保険者またはその配偶者およびそれぞれの同居のご親族(別居の未婚の子を含む)をいいます。
  • ※3.人身傷害搭乗中のみ補償特約が付帯されている場合は、ご契約のお車に搭乗中の事故のみ補償となります。

ページの先頭に戻る



DA140808-1