A037

よくあるご質問・お問合わせ


補償内容 ロードサービス費用特約

※正式名称:ロードサービス費用特約

ご契約のお車が走行不能になったことにより被保険者が負担した次の費用に対し、以下の保険金をお支払いします。

カートラブルクイックサービス <応急処置費用保険金> トラブルの際の応急処置(30分程度)について対応いたします。※1 応急処置一覧 バッテリー上がり時のジャンピング/インロックの解錠/キー紛失時の解錠またはキー作成/パンク時のスペアタイヤ交換/各種オイル漏れの点検およびオイルの補充/エンジン冷却水の補充/各種灯火類のバルブ交換/ボルト増締め/サイドブレーキの固着/落輪引き上げ

  • レッカーサービス<搬送費用保険金> 走行不能のお車を、現場から修理工場などへ牽引いたします。※2 詳しくはこちら
  • ピックアップサポート<引取費用保険金> お車の修理後、搬送費用をサポートいたします。※3 詳しくはこちら
  • ホテル代サポート<宿泊費用保険金> 当日一泊の宿泊費用をサポートいたします。※4 詳しくはこちら
  • レンタカーサポート<レンタカー費用保険金> 緊急に代車が必要な場合、24時間ご利用いただけます。※5 詳しくはこちら
  • 帰宅費用サポート<帰宅費用保険金><移動費用保険金> 帰宅するための費用をサポートいたします。※6 目的地に移動するための費用をサポートいたします。※7 詳しくはこちら
  • キャンセル費用サポート<キャンセル費用保険金> 目的地に向かう途中での、お車の事故や故障により生じた旅行契約等の、キャンセル費用を50,000円までお支払いします。※8 詳しくはこちら
  • ペットケアサービス<ペットホテル費用保険金> 帰宅が出来ない場合、ペットにかかる費用を10,000円までお支払いします。※9 詳しくはこちら

※<>内は正式名称となります。
※詳しい内容は約款をご確認ください。

ロードサービス費用特約をお使いいただいても、翌年の等級に影響はございません。

応急処置一覧(※1)

  1. 1.バッテリー上がり時のジャンピング。ただし、保険期間中1回までとし、バッテリー充電または交換は対象としません。
  2. 2.インロックの解錠。ただし、保険期間中1回までとします。
  3. 3.キー紛失時の解錠またはキー作成。ただし、下記を条件とします。
    1. (1)現場でキーを作成し、その後走行可能な場合に限ります。
    2. (2)保険期間中1回までとします。
    3. (3)イモビライザー装着車等現場にて解錠またはキー作成が可能とならない場合やキー作成業者の手配ができない場合等は、現場最寄りの修理工場または当会社の指定する場所までの陸送車による搬送となります。
    4. (4)車内の荷物等を取り出す目的のみでの解錠作業は対象としません。
  4. 4.パンク時のスペアタイヤ交換。ただし、被保険自動車にスペアとして標準装備されているタイヤへの交換に限ります。また、パンクの修理費用は含みません。
  5. 5.各種オイル漏れの点検およびオイルの補充。ただし、下記を条件とします。
    1. (1)現場で対応可能な場合に限ります。
    2. (2)提供するオイルのメーカーおよびグレード等は、現場にて用意可能なものに限ります。
    3. (3)現場でオイルが用意できない場合またはオイルの補充にて対応できない場合等は、現場最寄りの修理工場または当会社の指定する場所までの陸送車による搬送となります。
  6. 6.エンジン冷却水の補充。ただし、下記を条件とします。
    1. (1)現場で対応可能な場合に限ります。
    2. (2)提供する冷却水のメーカーおよびグレード等は、現場にて用意可能なものに限ります。
    3. (3)現場で冷却水が用意できない場合または冷却水の補充にて対応できない場合等は、現場最寄りの修理工場または当会社の指定する場所までの陸送車による搬送となります。
  7. 7.各種灯火類のバルブ交換。ただし、下記を条件とします。
    1. (1)夜間のヘッドライト故障等、法令により走行が不可とみなされる場合に、汎用性が高くかつ現場にて用意可能な場合に限ります。
    2. (2)現場でバルブをご用意できない場合は、現場最寄りの修理工場または当会社の指定する場所までの陸送車による搬送となります。
  8. 8.ボルト増締め。ただし、ジャッキアップを行わず増し締め作業が可能な場合に限ります。
  9. 9.サイドブレーキの固着。ただし、現場で対応可能な場合に限ります。
  10. 10.落輪引き上げ。ただし、下記を条件とします。
    1. (1)落輪しているタイヤの本数に関わりなく、落差1メートル以内の落輪で、かつ、現場にて対応可能な場合に限ります。
    2. (2)落差1メートルを超えた場合、作業にクレーン等を要する場合、救援車両1台・作業員1名で作業ができない場合を除きます。
  11. 11.ガソリン代の無料給油はございません。

搬送費用保険金(※2)

応急処置ができない場合において、被保険自動車を、走行不能事故の発生した地から次のいずれかの場所まで、陸送車(レッカー車等をいいます。以下同様とします。)で搬送するために要した費用を被保険者が負担した場合。ただし、修理工場が修理の一環としてサービスで行っている納車費用を除きます。

  1. (1)最寄りの修理工場
  2. (2)当会社の指定する場所

ただし、当会社の指定する場所以外へ搬送する場合には、搬送距離100kmを超過した実費については、保険金をお支払いいたしません。

引取り費用保険金(※3)

搬送費用保険金を支払った場合で、被保険自動車の損傷または故障の修理完了後(注)、合理的な経路・方法により、被保険自動車を引き取るために要した費用を被保険者が負担した場合。
(注)修理費用の支払いが完了している場合または修理費用について被保険者と修理工場等との間で打ち合わせが完了している場合に限ります。

宿泊費用保険金(※4)

臨時に宿泊せざるを得なかったために、被保険者が、走行不能事故の発生した地の最寄りのホテル等(注1)有償の宿泊施設(注2)に宿泊した場合。
(注1)原則としてビジネスホテルクラスとなります。また、走行不能事故発生前に既に予約をしていた宿泊先の費用を除きます。
(注2)居住施設を除きます。

レンタカー費用保険金(※5)

臨時にレンタカーを使用せざるを得なかったために、被保険者が、走行不能事故の発生した地からレンタカーを使用した場合。なお、使用するレンタカーの台数は1台とし、被保険自動車と同等またはこれ以下のクラスとします。

帰宅費用保険金(※6)

被保険者が、走行不能事故の発生した地から、居住地または被保険自動車の出発地へ戻るために、合理的な経路・方法により、被保険自動車の代替となる交通機関を臨時に利用した場合。

移動費用保険金(※7)

被保険者が、走行不能事故の発生した地から、当面の目的地へ移動するために、合理的な経路・方法により、被保険自動車の代替となる交通機関を臨時に利用した場合。

キャンセル費用保険金(※8)

特定のサービスの予約をした後、被保険自動車の走行不能に伴い、当該サービスの全部または一部を受けられなくなったことにより、当該サービスに係る契約に基づき、被保険者が、取消料、違約料その他の名目の費用を負担した(注)場合。
(注)払戻しを受けられない費用を含みます。

ペットホテル費用保険金(※9)

次のいずれかの場合。

  1. (1)被保険者が被保険自動車に同伴中のペットを走行不能事故の発生した地の最寄りのペットホテルに預けた場合。
  2. (2)被保険者が走行不能事故発生前に既にペットホテルやペットシッターにペットを預けている場合で、被保険者が走行不能事故により引取日に帰宅できなかったことにより延長料金が発生したとき。

お見積り・お申込みはこちら



DA140808-1